スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術室の記憶

入院生活は…時間がたっぷりあります

点滴からも開放されて普段眠れない分たらふく寝てますの

2日前にPCを持ってきてもらったので仕事もちょこちょこやってます



手術の話でも。


手術室に入って腰椎麻酔をして10分、下半身は無知に。

手術台は平らなベッドではなく、手・足・胴体部分がバラバラになる整形外科手術仕様です。

無影灯の下、心電図・血圧計・点滴を付けられ術部分の右足を上になるように晒で手足を術台に拘束。

上半身は麻酔が効いてないので手術室に流れるaikoの『桃色』を耳にリラックス。


嘘です。緊張で心臓バクバクでした。

あまりに心拍数が早くて看護師さんに『深呼吸してみましょう、スー、フー』と諭されました。


切開された足首は見ることはなくても、執刀する先生の言葉は丸聞こえです。

ドリルの振動は伝わってくるし、ボルトが40ミリとか、全ネジとか半ネジとか、レントゲンで見ると曲がってるけど大丈夫でしょとか…素人が聞いてるとまた心拍数上がっちゃうじゃん!

縫合前にレントゲンで再チェックされ、『OK、100点だね』の院長先生の声にワタシも一安心。

1時間40分の手術でした。


術中は出血を抑えるために右足太もも付け根を縛ってあるのですが、縫合したら開放されます。

血流が右足を循環するので一時的に血圧が低下するようです。

しばらくしても低下した血圧が戻らず60台。


点滴にエフェドリンを10分の3入れて…変化なし。

執刀医の先生が『おかしいねぇ~』と。

(えっ、先生?おかしいって!?)


さらに10分の3追加されたエフェドリンにより血圧回復しました。


手術台からストレッチャーに移され手術着からガウンに着替えさせられ手術室を後に。


病室に戻るとベッドに移されやっと一安心。


1枚の金属プレートと8本のボルトが入った右足首の麻酔がきれてからは…また次回に。

コメント

非公開コメント

ゾワゾワします。

ゆうさん、こんばんは。
手術の前にこう妄想していれば。
…無影灯を見つけた時点で、“あっ、白い影”(原作ですね)
先生は直江先生、器械出しは倫子・・・。
隣のベットは長さん(要らないか)
“春のような笑顔”を思い浮かべながらも・・・、
緊張はほぐれませんね、やっぱり^^;

No title

うわっ!痛そう…
お疲れ…いや、ご苦労様でした。

入院経験の無い私には想像出来ません。

ホントに、ホントに御大事にして下さいね。

>はやよさん
直江先生はいませんが、手術室でついてくれた看護婦さんはガクブルなワタシを優しく励ましてくれて、天使に見えました。

6週後にはボルトを抜く手術が…

>橘さん
痛い話ですいません

まだまだリハビリもままなりませんが、ゆっくりじっくり頑張っていきます

手術慣れしてます

ゆうさん、こんばんは
点滴とれてよかったですね
仕事できれば気晴らしにもなりますね
血圧ももどって本当に良かった(でなきゃここのカキコもないですね)
>手術台
 狭いですよね!肩幅くらいしかない!寝返りうてない!
手術によるんでしょうが
そこで麻酔医が来ないと言って1時間くらい待たされたコがいました(爆笑でした)
>執刀医の声は聞こえる
 あれ、心臓に悪いですよね
私話しかけられた事あります
「○○さん、○○(例えば腫瘍)ありますね」
「え!そ、そんな…今、言われても…こんなんだしすぐ切ってくれるのかい?私はなんもできまへんが…汗」でした。
先生と話しながら手術受けた事も…
「痛いいたい!せんせい!」
「じゃ、(麻酔)射とうか」(射ち始めて…)
「どこ痛い?」
「手のひら」
「よくわかるわね」
「今引っ張ってるでしょ、ひきつるわ」
「結んでおわり」
「ホチキスの音?」
「縫合…これ溶けるから」
「抜糸しなくていいんだ」
「そんなの昔の話よ」
なんてね…。実話です。看護士さんもちょっかい出すんだよ
>aikoの「桃色」
手術室はいる時にCDが並んでるのを見つけて
「あれにしてくれる?」と言って好きな曲流してもらったこともあります。
>6週間後ですか
 大変ですね。次は是非好きな曲、持ち込みとかできるか聞いてみて。
滅多にない機会なので許される事はどんどんやってみて 楽しみましょう w(○⌒∇⌒○)w イエィ♪

走馬灯のように

ゆうさん、こんにちは。

雪もとけ、久しぶり?に少し晴れ間がでている関東地方です。気温も少し高め?春を感じられるかも。

そういえば、ゆうさん花粉症でしたよね?病室では花粉症はでないかな。

私も数年前、三果骨折をして、手術をしました。手術室のストレッチャーは確かに狭いでした。私は、ちょっと怖かったので、手術中は眠れるようにしてもらいまいた。目が覚めたときかなり辛かったのを覚えています。私は骨が固定されてから、中のボルト等を抜きましたので、1年後の手術でした。

病院の中は季節知らずですか。

では、また。お大事に。

>じょじょさん
初めての手術は緊張と恐怖で脇汗が大変なことになってました

手術室へ入るときも足首の激痛で目を閉じていたのでどんな様子だったのかもわからないまま麻酔をかけられました

足の痛みで麻酔の針の痛みは無痛に思えたょ…次回の手術の時は痛いのかも(+_+)

次の手術の時はYUIちゃんのCHERRYお願いしようかしらん…たぶん桜の頃です
執刀医の声が聞こえるのはホント勘弁ですょ、有らぬ想像で心臓バクバクしちゃいます(笑)

>とんとんさん
入院してかれこれ10日
窓の外のビルが雪で霞んで見えたと思ったら明るい日差しがビルの窓ガラスに反射して虹色に見えたり、でも病室の中では季節を感じることもなくぬくぬくとしてます。

病室にいる限り花粉症の気配はゼロです、今後見舞いに来てくれる人が花粉を運んでこないことを願ってます。

とんとんさん、ワタシも三果骨折です!
三果骨折仲間ですね(笑)

6週後に1本抜いて、10~12ヶ月後に残りのボルトを抜く予定です

入院してるとテレビがいっぱい見られるので再放送の昼間のストロベリーナイトも欠かせません^^

No title

こんばんは。すんごーーーくひさびさに遊びにきたら手術の記事で、吃驚しております。覚えてますでしょうか、きゃべつです。

おひさしぶりです!大丈夫ですか!?お大事にしてくださいv-222

わたしは絶賛、就活生をしております。ストロベリーナイトが唯一の癒しです。自分のにやけっぷりが、井岡とカブっていることに気がつきました。可愛いから仕方ないですよね。うん。

お大事にしてください。入院中ホクロをとられませんよう祈っております。笑

>きゃべつさん
お久しぶりです^^
骨折の痛みは薄れてもきゃべつさんの記憶はちゃんとありますょ

最初にコメントもらった頃は高校生でしたよね
就活厳しいのかな?

ワタシも社会復帰に向けてリハビリ頑張ってます

ただ1日ほぼベッドの上なのでストロベリーナイトほか竹内三昧ですゎ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
女優・竹内結子を応援するブログ

BlogPet
RSSリンクの表示
DVD/CD
なかのひと
カウンター
公式サイト
ドラマ
映画
CM出演中
お散歩コース
DVD/CD
検索フォーム
QRコード
QRコード
1票入れてみよう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。